どう考える?薬剤師転職のための武器になるキャリアアップ

転職を有利にすすめるには資格取得でキャリアアップ!

薬剤師の転職に必要になるのはキャリアです。キャリアといっても、「薬科大の6年制出身です」、「専門性があります」、「実務経験が前職も含めて長いです」という程度では具体性に欠けます。

すでに6年制出身は当たり前になっていますから、それを語っても武器にはなりませんし、6年制で学んだことは机上の学問でしかないと判断されます。それは当たり前と解釈して、では自分は何をもってキャリアとアピールできるのかを考えてみましょう。

「キャリアの具体性」とは同じ業界や関係企業に勤務した年数ではなく資格のことです。

多くの薬剤師転職者は、年収や職場の居心地・待遇の向上を転職の理由にあげますが、求人先の企業にとって、そのような志望動機はありがたくも何ともありません。企業が転職者に求めているのは即戦力のハイレベルな人材であり、それを証明できる現物=資格証明書です。

もちろん資格取得後の切磋琢磨、研修などの積み重ねも大事ですが、企業はその資格をもつ薬剤師が、明日から自社の経営戦略にどう役立てられるかを見ています。

厳しい言い方をすれば、資格もなくただ転職を願い出たような応募者は、手ぶらで面接に来ているような存在にしか映りません。医療・創薬を含む薬剤師の関連業界は、それほど厳しい競争にさらされていることを認識しておきましょう。

認定薬剤師や専門薬剤師の資格があればワイドに転職!

転職を希望する人は薬剤師としてのプロですから、関係した資格や取得方法については十分知っていると思いますが、念のためキャリアの証明となる資格について列挙しておきましょう。

認定薬剤師

研修認定薬剤師

研修実績があることを証明・保証した基本ともいえる薬剤師資格。一定期間内に所定の研修を修了すれば、申請によって認定されます。

認定実務実習指導薬剤師

6年制薬学生の実務実習指導者資格です。薬学生の実務実習に関して、指導者としての資格が与えられます。所定の研修修了後、申請によって認定されます。

小児薬物療法認定薬剤師

小児科の医薬品に関して精通していると認められた資格で、小児とその保護者に対して指導できます。日本薬剤師研修センターと日本小児臨床薬理学会の研修、試験合格が条件です。

精神科薬物療法認定薬剤師

精神科の薬物療法に関して専門知識を有していることが認定される資格です。多種多様な症状に対応した薬剤管理、情報提供が可能になります。

認定薬剤師と並んで転職に有利となるのが専門薬剤師としての資格です。たとえば「がん専門薬剤師」は、一定水準以上の知見を武器に臨床現場での活躍が可能になります。

その他、感染制御専門薬剤師、精神科専門薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師、HIV感染症専門薬剤師などの資格認定制度があります。いずれも専門性が高く、深い知識を有するため、大学病院まで視野に入れられます。


PAGE TOP