薬剤師転職に役立てたい業界の見方&突破口!

6年制薬剤師は「履歴書&志望動機」が重要事項になる

少子高齢化の流れを受けて調剤薬局の数が爆発的に増え、薬剤師や創薬にかかわる人たちの将来は安泰のように見えていた昨今ですが、意外にも薬剤師の流動化は激しくなるばかりで、いわゆる“実力競争・能力競争”の様相を呈してきているのが現代の業界動向です。

高度な薬剤師人材が不足しているのか過剰気味なのかといえば、薬剤師転職組にとっては不利とも言える人材過剰にあるという専門家の分析がほとんどです。いま起きているのは4年制薬剤師と6年制薬剤師の職場争奪戦という一面と、6年制薬剤師どうしの職場争奪戦という2つの側面です。

創薬の世界が高度化するのと同時に、薬剤師にはより高度な技術、知識、安全性への管理能力が問われ、厄介なことに、豊かな人間性や問題解決能力、専門性などが問われるようになりました。

その任務を負ったのが6年制薬剤師です。みなさんが4年制出身なのか6年制出身なのかは別にして、このような中での人材争奪戦を勝ち抜く薬剤師転職の突破口は、まず「履歴書の書き方と志望動機」にあります。薬剤師という堅い職業ですから、奇をてらったような履歴書を提出する必要はありませんが、少なくても自分が大学で学んだり、実社会の中で身につけたりした専門性については、ぎっしりと書き込むようにしましょう。

さらに言えばその先が大事で、そのキャリア、専門性を使って転職先の職場にどのような貢献がしたいか、実際にどう貢献できるかといった“売り込み・PR”が何より重要です。履歴書にそのような欄がなかったり足りなかったりしたら、レポート用紙を追加して、書き足していきましょう。
参考サイト:薬剤師転職GO!失敗しない求人サイトを徹底比較

新薬が半額に!薬科大が乱立!受難の時代の薬剤師転職

創薬や薬剤師など、関係する業界には天地がひっくり返るような激震が走りました。先日、抗がん剤の新薬における薬価が半額にされてしまうという事件が起きたのです。薬価そのものが高額で、これを放置すれば今後増えつづける医療費を加速させることになりかねないという政府の懸念によって、このような最終決断が下されました。

製薬・創薬業界はもちろん、このことは薬剤師の今後を直撃する出来事でもあります。創薬に巨額の資金をつぎ込んでも、薬価で回収することが不可能になるので、新薬の開発にはブレーキがかかるでしょう。そうなると医師や薬剤師の創薬に対する知識やスキルも半減するので、業界自体がシュリンクしていきます。

薬科大の乱立傾向はしばらく続行されるので、人材はダブつき、就職難・転職難となることは容易に推測できます。転職できるいまのうちに、希望する企業にしっかりアプローチして、今後は軽々しく転職しないといった身固めが必要になります。


PAGE TOP